マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

音楽

Belle and Sebastian -The boy with the arab strap-

ポップミュージックのぜい肉をそぎ落とし、薄味な部分を凝縮させたような素晴らしきバンドです。

禁断の多数決 - フラッシング・ライト (ノイバウテンタイム)

プライマルスクリームの心が血沸き肉躍るオルタナティブなアイドル感が最高です。

Fountains of Wayne - Mexican Wine

パワーポップのお墓から聴こえてきたのは、うめき声ではなく交じりっ気なしのポップネスな歌声でした。

Radiohead - Creep

女心だけでなく男心もわかってほしいものです。

Toro y Moi - Buffalo (Live on KEXP)

まるでマイケル・ジャクソンがバンドをやってるようなキレ味抜群の天才です。

DAX × lute:奇妙礼太郎「君はセクシー 」

ぶっきらぼうなパワーコードだけでゾクゾクしてしまうのは、ビートルズのカムトゥゲザー以来かもしれません。

戸張大輔 「無題4」

天然サイケデリックアーティストの様ですが、不思議と加山雄三の様な包容力も感じる渾身の一曲です。

ROSSO-シャロン

しゃがれて剥がれ落ちそうなチバユウスケの声とメジャーセブンスの響きが妙に合わさって泣きそうになるんです。

The Apples In Stereo - Find Our Way

ビートルズのファンタジーな部分を凝縮して、それをギターポップとしてアウトプットした素晴らしきバンドです。

ユニコーン 『すばらしい日々』

大人が孤独になっていくのはスマホのせいではありませんでした。

ラブリーサマーちゃん「AH!」

相対性理論の呪縛が解かれた気がするので、このまま一気にポップなギャルに上り詰めてほしいなと思いました。

田中ヤコブ『ヤコブな気持ち』

世界に匹敵するポップなフルコース料理を、何故か自分のお弁当にしか作らない不思議な天才です。

Stephen Malkmus - Spit on a Stranger (Pavement)

マルクス主義が馴染まなかったインディーロック好きのためのマルクマス主義。

The Pastels - Check My Heart

卵かけごはんのようにシンプルですが、それがアノラックなギターポップの醍醐味でもあります。

カネコアヤノ - 光の方へ

聴いたことがなくてもなぜか懐かしい気持ちになる不思議な曲です。

The Neon City - Magical Love

ベッドルームでまどろんでいたら、心地よくて逆に目が覚めるぐらい良いです。

佐伯誠之助 - LIVE @ 電刃2011

芸術とはある意味、他人に対する威嚇なのかなと思いました。

The Uglysuit - ( Ticket To ) Chicago

誰でも30分ぐらいは自分の世界を作りたいものです。

スピッツ / 優しいあの子

良い曲を通り越して、もはやJ-POPとしての童謡といえるのではないかと思いました。

Ariel Pink - Another Weekend

切なさと愛しさとサイケデリックさが大事です。

Oasis - Live Manchester 2005

魔人ブウを倒せる元気球を集められそうなライブだなと思いました。

fishmans- baby blue

世界に誇れるメイド・イン・ジャパンの透明なグルーブだと思います。

DYGL - Bad Kicks

耳を澄まさないとロックが聴こえなくなってしまった時代に、よくぞ風穴をあけてくれました。

The Type Who Wants To Enjoy Movies From The Trailer - DEATH BY DUMPLING

DEATH BY DUMPLING · The Type Who Wants To Enjoy Movies From The Trailer USインディーロックの影響を通り越して、もはや井上陽水みたいになってる奇跡のバンドです。

Thee Oh Sees - Meat Step Lively

ロックンロールを体感させてくれるライブ屋さんです。

「窓辺」 杉本周太(ネギ) (バレーボウイズ)

昭和の音色だけでなく、匂いと温もりまで蘇えりそうで鳥肌が立ちました。

禁断の多数決 | トゥナイト、トゥナイト

美空ひばりの様な重みはありませんが、安っぽいエロさとデジタルの波動がマッチして最高です。

otabe(表象オ喰ベ) 「離脱式遊体ポンプ」

有名なのに大して美味しくないお店はたくさんありますが、 無名なのに美味しい音楽もまた、たくさんあるものです。

gary wilson - You Keep On Looking

独りよがりなコール&レスポンスがこだまする、ド変態ポップミュージック。

The Lemon Twigs - As Long As We're Together

60年続いたロックの後継ぎとなった老舗の若社長。