マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

グルメ

京都 「恵那く」

「つけめん」 っちゃ美味い。基本に忠実な精神が辿り着いた無敵の境地って感じがしました。

大阪 「ダイヤモンドカリー 大阪国際空港 」

「まぜカレー」 男のスパイスカレー、女の欧風カレーって感じがしました。

京都 「ムガール」

「ローガンジョシュ」 緊急事態宣言中の中、スパイスの防空壕だけは私をかくまってくれました。

京都 「スパイスカレー キテレツ」

「エスニックキテレツスペシャルカレー」 皿の上にスパイスの花を咲かせるカレーの錬金術師です。

京都 「山崎麺二郎」

「塩ラーメン」 こんなに美味しければ空も飛べるはずと思いました。

京都 「カフェラッテ」

「ジェラート三種盛りのテイクアウト」 ヨークシャーテリアとスコティッシュフォールドとアルパカを家に連れてきたような感動です。

京都 「リバーブ」

「タンドリーチキンカレー」 目に入れても痛くないのは子供ではなくカレーの方でした。

滋賀 「天下一品 栗東店」

「こってり赤ん粉」 っちゃ美味い。化学調味料の必要悪を背負って天下を取った山○組みたいなラーメンだなと思いました。

大阪 「トムントコ」

「マトンキーマカレー」 カレーライスなんてもう室町時代の話かなと思ってしまうとてつもない一品です。

京都 「山醤らーめん」

「山醤らーめん」 家系ラーメンは時々脂が暴走してしまうのがたまにキズだなと思いました。

奈良 「プラーナ」

「全種盛り」 スティーブ・ジョブズが仏教を信じた理由が何となくわかるような凄まじいお店です。

京都 「彦さく」

「甲殻類系 背脂ラーメン」 っちゃ美味い。地球は猿の惑星じゃなくて、実は甲殻類の惑星なのがよくわかりました。

京都 「セアブラノ神 壬生本店」

「背脂煮干しそば」 全ては煮干しの思し召しなのがとてもよくわかりました。

京都 「夜鳴きや」

「中華そば」 あんなに湧き出ていたオアシスの泉は全て枯れてしまったんだなと思いました。

京都 「登喜和」

「ビーフカツ定食」 もはや京北の少子化を止められるのはこの店しかないなと思いました。

奈良 「カジバノバカヂカラ」

「ちく天ひやかけうどんセット」 セクシーなマグロもさることながら、煮干しの裸には誰もかないませんでした。

奈良  「toi印食店」

「カレー四種盛り」 混ぜて食べるのがもったいないぐらいカレーの掟をひっくり返す新境地を感じました。

京都 「おの亭」

「和牛スタミナ丼」 もはや卵が日の丸に見えてしまう日本の心と上京区の心がここにありました。

京都 「紫蔵」

「らーめん」 店主のインプットとアウトプットにズレを感じない、侍の様な家系ラーメンだと思いました。

京都 「カフェラッテ」

「ジェラート三種盛り」 っちゃ美味い。エリザベス女王の気持ちになるので西院にいるのがウソのようです。

京都 「森林食堂」

「猪とたけのこのカレーのあいがけ」 っちゃくちゃ美味い。和洋折衷ならぬ和印折衷の完成形がここにありました。

京都 「としぶん」

「おろしとんかつ定食」 駐車場の広さだけでなく、店員さんたちの懐の広さまで伝わる豪快な定食屋さんです。

京都 「マンボ飯店」

「担々麺」 っちゃ美味い。酸辣湯に思いを寄せるような酢の使い方が特徴的な一品です。

京都 「坦坦 四条本店」

「かにあんかけチャーハン」 っちゃ美味い。炒飯だけでなく世界中の人々にこの幸せをかけてほしいと思いました。

京都 「山醤らーめん」

「山醤らーめん」 お茶にも作法があるように、家系にもニンニクを使った作法があることがよくわかりました。

京都 「キッチンゴン 六角本店」

「ピネライス大盛り」 健康診断の前日に食べたらすべてを水の泡にする500グラムの殺人洋食です。

大阪 「まるせ」

「夜カレー定食」 西洋医学よりも東洋医学の方が素晴らしい事を舌で感じる一品でした。

京都 「麺屋坂本」

「特製しじみそば」 しじみちゃんもまさか進化して地上に上がる前に鶏に出会えるとは思ってなかったと思います。

京都 「飛雲白川」

「海老玉」 顔つきは古いし化粧もしないけど、顔そのものが美人な中華なんだなと思いました。

京都 「アジェ」

「ホソとハラミエンガワ」 スマホと向き合うよりも、肉と向き合う方が大切な事に今やっと気づきました。