マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

グルメ

京都 「ムロ」

「おでんあれこれ」 ユナイテッドアローズが作った和服みたいなシュッとしたおでん達です。

京都 「アバンギルド」

「キーマカレー」 芸術への近道をスパイスでいざなってくれる京都屈指の特別な空間です。

大阪 「カナリヤカリー」

「あいがけカレー」 っちゃ美味い。噂にたがわぬカナリ素晴らしいカレーを堪能しました。

京都 「カマル」

「バターチキンとほうれん草のあいがけ」 実は世界は北半球と南半球の他に、バターチキンとほうれん草に分かれています。

京都 「驚麺屋」

「限定の味噌とんこつラーメン」 生きていくためにはアミノ酸よりも豚骨の方が大事なことがよくわかりました。

京都 「izon」

「うつしのまなざしカレー」 芸術点とはフィギュアスケートではなくカレーのためにあることを証明したお店です。

京都 「王将 大宮一号店」

「辣菜麺」 化学調味料まみれの世界で薬膳ラーメンを食べるという、今世紀最大のパラドックスに挑戦しました。

京都 「Da.uchi Curry」

「ビーフカレーとシュクメルリ風チキンカレーのあいがけ」 プロレタリアートでもブルジョアジーの気分になれる気品あふれる一皿です。

京都 「漫天兄弟」

「豚骨・鶏ガラ・魚介の漫天ラーメン」 ユダヤとキリストとイスラムが合わさった時に世界は平和になるのかなと思いました。

大阪 「一芳亭 本店」

「しゅうまい」 カラシのアクセントを全く必要としないサムライのようなシュウマイです。

福井 「どんと屋」

「敦賀海鮮丼」 っちゃ美味い。来世は人間よりも魚介類の方が身分が高いことを確信した一品でした。

福井 「陽だまり」

「ネギトロ温玉イカ天丼」 っちゃ美味い。痛風覚悟で挑んだ捨て身のランチと相成りました。

京都 「王将一号店」

「限定の担々麺」 王将の歴史と英知と経験の全てが凝縮された、恐るべき一期一会の一品でした。

京都 「さだかず 祇園四条」

「ラーメン」 百均の器に一万円ぐらいのラーメンを浮かべる大胆不敵なお店です。

京都 「カフェラッテ」

「チョコレートとミルクとカスタードのジェラート」 イーロン・マスクが次に買収しようとしてるのはこの店なので死ぬ気で守らなければなりません。

滋賀 「釜炊近江米 銀俵」

「ほっけの定食」 ご飯を4回おかわりしても近江米の魔法は解けませんでした。

京都 「一粒万倍 河原町店」

「らぁ麺」 綺麗に折りたたまれた着物をひとつひとつほどいていくような緊張感のある一杯です。

大阪 「スパイス食堂ニッキ」

「青唐辛子とラムとカシューナッツのあいがけカレー」 自分の将来はお先真っ暗ですが、カレーの未来はどんどん明るくなっていきます。

大阪 「ぼっこ志」

「鰹干白湯ラーメン」 鰹と煮干しの大海原に潜ると、鶏白湯の大陸が顔を出すとてつもない一杯です。

京都 「隙間カレー」

「ダルカレーとつけあわせあれこれ」 精進料理に匹敵する静けさと、身を清められそうなスパイス使いに身も心も震えます。

大阪 「ほなまた」

「野菜とあさりのあいがけカレー」 野菜カレーと思って油断してたら烈火のようなスパイスで一気にぶち抜かれました。

海士町 「島生まれ島育ち 隠岐牛店」

「隠岐牛ローストビーフ丼」 っちゃ美味い。多分生まれ変わったら隠岐牛であろう事を覚悟したランチでした。

海士町 「お泊り処 なかむら③」

「朝食あれこれ」 っちゃ美味い。味噌汁だけで白ご飯を一刀両断する恐ろしい朝ごはんでした。

海士町 「お泊り処 なかむら②」

「豚骨ラーメン」 このお店にとっては変化球のメニューながらも、正真正銘のストレートな一杯をいただきました。

海士町 「お泊り処 なかむら①」

「カワハギの唐揚げ」 朝六時半に有無を言わさず役所のやかましい放送で叩き起こされるのが離島の醍醐味です。

知夫里島 「知夫里水産」

「レトルト食品あれこれ」 偶然にも人間が食べても美味しいキャットフードを作る天才燻製職人と出会いました。

知夫里島 「知夫来居港観光協会」

「藻塩大福」 おやつにはポリフェノールとかよりも、楽しかった事を思い出す効果の方が大きいなと思いました。

知夫里島 「どんどん」

「刺身定食」 後醍醐天皇も羨むグルメの島流しと相成りました。

知夫里島 「民宿なかはま」

「夕食あれこれ」 クーポン総理大臣はほんの少しだけ私を幸せにしました。

隠岐の島 「さざえ村」

「どどんが丼」 樹の氣が気になるところ、それが隠岐の島です。