マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

ラトビア

Riga “Ķiploku Krogs”

「豚のフィレ肉のオーブン焼き マッシュルームとマスタードソースがけ」 イントロでお腹一杯になってしまって、サビの頃に疲れてしまう感が否めない一品。

Cesis “Kafejnīca VENDENE”

「湯でバナナとアイスクリームのチョコレートソースがけと焦がしアーモンドをまぶしたもの」 美味すぎてやっばやばい。本体もさることながら驚愕すべきは、目に見えるかのようなアーモンドの香ばしさでした。

Sigulda “Zalumnieku piestatne”

「Jalapeno」 バルト三国の城は、攻める城というよりも守る城という印象がありました。

Turaida “information center の cafe”

「チョコレートケーキとハーブティー」 っちゃくちゃ美味い。彼らにはカロリーの理性がないのかもしれません。

Riga “IL PATIO”

「フォカッチャ」 「ペペロンチーノ」 キャンペーンやポイントや抽選プレゼントなどの余計な宣伝がない世界は本当にうっとりします。

Riga “Le Dome”

「バルト海の魚のブイヤベース」 っちゃ美味い。バルト海の解像度を高くして、上手にまとめたあっさり味の一品。