マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

ベトナム

Hà Nội “パン売りのお姉さん”

「揚げパンいろいろ」 ベトナムはコンプライアンスという言葉が生まれる前の国でした。

Hà Nội “Quán Bia Minh”

「パイナップル炒飯」 一見田舎臭い顔つきに見えても、よく見るとスタイルがよくて色っぽいねーちゃんが多かった。

Hà Nội “New Day”

「豚肉団子のライスペーパー巻きと茄子料理」 「豚肉のオレンジソース煮」 「魚のニョクマムとココナッツジュースの煮つけ」 自分は芸術家気取りの遊び人だと思いました。

Hà Nội “ヌイチュック通りの犬料理屋”

「犬の串焼き」 皮肉を焼いたら意外といい匂いがした。

Sa Pa “Red Camellia”

「スペイン風オムレツ」 恐怖心より好奇心が勝ってる時はいい精神状態だなと思いました。

Sa Pa “Anh Dung”

「牛肉炒め」 教養でクラシック聴いてる人達とはきっと正反対のディナータイム。

Sa Pa “タフィン村”

「ベトナムの家庭的な食事」 パクチーの使い方と量が絶妙だと思った、あっちならではのさりげないおもてなしランチ。

Sa Pa “どことなくある飯屋さん”

「鶏肉のフォー」 南部と違って香草はあまり入れない、北部スタイルのシンプルなフォー。

Hà Nội “露店の店”

「モツの煮込みみたいな料理」 朝っぱらから隣のおっさんから何故かきっつきつい酒を飲まされた昼夜逆転の朝食。

Ninh Bình “Huong Mai”

「ヤギの焼肉」 ヤギのおっぱいの焼肉が美味と聞いていたのに頼み忘れた、どこの部位かわからない一品。

Hà Nội “Bún Bò Nam Bộ”

「ブンボー」 ニョクマムベースの甘めの汁がまさにアジアの純真。

Vịnh Hạ Long “ハロン湾クルーズの船の中”

「クルーズ船ランチ」 世界旅行をしている若者と出会った、求めてるものが何か似てる気がしたランチタイム。

Hà Nội “New Day”

「焼きフォー」 何言ってるかわからんというのは本当に新鮮だ。

Đà Nẵng “ダナン空港内のバーガーキング”

「チーズバーガーセット」 ホテル代の決済が出来てなかったから空港まで取り立てに来られた、人生で一番急いで食べたファストフード。

Đà Nẵng “Quân Dương”

「豚肉の炒飯」 人口も1ケタ間違えそうなインフレ社会主義国。

Huế “Tinh Gia Vien”

「宮廷料理」 豪華絢爛なものの、和食に比べるとどこか味の塊を投げつけてくる感が否めない。

Đà Nẵng “Quán Dương”

「豚肉炒飯」 往復五万円でいけたベトナムファンタジー。

Đà Nẵng “Che Xuan Trang”

「ミックス・チェー」 もはや日本はアジアではないんだなぁと、逆に日本の独特さを感じました。

Đà Nẵng “Dua 196”

「ココナッツゼリー」 毎日がフジロックのフードコートのような熱気に包まれるベトナムの飯時。

Đà Nẵng “Tran”

「ライスペーパーに豚肉と葉っぱを巻いたもの」 全部の葉っぱを巻いて食べると、ひっくり返る食の脱法ハーブ。

Hội An “The Cargo Club”

「アイスクリームセット」 休日こそ人間の文化だと思った、つかの間の休息。

Hội An ‘Viet Vic’

「ホワイトローズ」 「揚げワンタン」 年収200000万ドンの気分のホイアンのひととき。

Hội An ‘Morning Glory’

「カオ・ラウ」 宇宙人と社会人のハーフにぴったりな、旧日本人街特有の郷土麺料理。

Đà Nẵng ‘PHO 24’

「牛肉のフォー」 「バイン・フラン」 あえてローファイな事にこだわってると信じたいモノラルなプリン。

Hồ Chí Minh “Tansonnhat International Airport”

「ベトナム風サンドウィッチ」 同じ燃料なのに何故国内線一本5000円で飛べるのかがよくわからない不思議な経済世界。

Hồ Chí Minh “Pho Hoa Pasteur”

「牛肉のフォー」 日本人は自分を犠牲にしてまで他人にサービスし過ぎなのではないかと思ってしまう。

Hồ Chí Minh “Kem Bach Dang”

「ココナッツアイスクリーム」 恋の季節にぴったりな、アジアン・ラブ・ファンデーション。

Chợ Lớn “sui cao 162”

「水餃子」 ちょっと油断するとお釣りをちょろまかす不届き者らしからぬ、慎ましいスープが美味しい一品。

Mỹ Tho ‘フーン島のレストラン’

「フルーツ盛り合わせ」 インフレに惑わされて1ケタ間違えて払ってしまった、酸いも甘いもフルーツ天国。

Mỹ Tho ‘フーン島のレストラン’

「象耳魚のから揚げ」 初回限定という安っぽいフレーズとは次元の違う、ここだけの地方のここだけの一品。