マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

北海道

網走 「さかなの金川」

「お持ち帰りのみの海鮮丼」 っちゃ美味い。犯罪ギリギリ法律スレスレの500円ランチでした。

網走 「酒菜亭 喜八」

「エゾ鹿肉のたたきとカニ味噌」 源平の戦いばりの陸と海のイデオロギー対決を味覚で感じて震えました。

北見 「更來」

「蕎麦三種盛りとホタテのかき揚げ」 つゆとわさびが仲良くしがちの三角関係を見事に打破したとてつもない蕎麦です。

北見 「寿司の小林」

「寿司9貫あれこれ」 っちゃ美味い。もはや店内は美食の竜宮城となっておりました。

北見 「四条ホルモン」

「ホルモンあれこれ」 焼肉とは戦いであるということをカレーの神様は教えてくれました。

網走 「レストハウスところ」

「生帆立丼」 こんなにもホタテの顔を真正面から見たのは生まれて初めてでした。

網走 「奥芝商店 女満飛行店」

「チキンレッグカリーの巻」 まさか原田マハのさいはての彼女の世界にお邪魔できるとは思いませんでした。

千歳空港 「札幌飛燕」

「塩ラーメン」 安藤忠雄が建てたマッスルタワーは空を掴むようにそびえ立っていました。

帯広 「じんぎすかん北海道」

「マトンのジンギスカン」 っちゃ美味い。地球よりも重いのは、人間の命ではなく羊の命でした。

釧路 「鮭番屋」

「鮭の親子丼」 っちゃ美味い。絶対もめそうにない親子関係の絆を舌で感じました。

釧路 「ちゃりんこ②」

「おひょうの刺身」 鉄道マニアたちがカメラのシャッター音だけで話し合う無音の会話にしびれました。

釧路 「ちゃりんこ①」

「くじらの刺身」 氷の街に繰り出すというのもこれまた乙なものだなと思いました。

釧路 「鳥松」

「ザンギ」 説明ばっかり増えて会話が減ったなぁと思いました。

根室 「大八食堂」

「かにラーメン」 スープのテクニックは度外視して、花咲ガニの腕力だけで押し切る力業の一杯です。

羅臼 「旬菜家 ゆらり ④」

「海鮮おこげ」 本気の北海道を見てきた気がしました。

羅臼 「旬菜家 ゆらり ③」

「つぶ貝の煮たやつ」 もはや海外旅行にいってきたような気分になりました。

羅臼 「旬菜家 ゆらり ②」

「黒ハモのから揚げ」 冷たすぎる景色は心が火傷するなと思いました。

羅臼 「旬菜家 ゆらり ①」

「鱈のチャンジャ」 ツアーは動物園に行くような感じで、一人旅は動物園の檻の中に入るような感じだなと思いました。

富良野 「くまげら」

「オムホエーカレー」 スープカレー的な野菜のキャラクターは残しつつ、欧風カレーに苦味とほろみを足し合わせた北の国ならではのカレーだと思いました。

網走 「Rimo」

「ミルクのジェラート」 北海道って北極なんだなと思いました。

網走 「そば切り温②」

「ごぼうと牡蠣のてんぷら」 出たり消えたりする流氷のツンデレっぷりに振り回されっぱなしでした。

網走 「そば切り温①」

「かしわつけもりそば」 温泉こそほんまもんのパワースポットちゃうかなと思いました。

上富良野 「凌雲閣」

「北海道で売ってるビール三部作」 ファイナルファンタジーのラスボスみたいな風呂でびっくりしました。

赤平 「寿司の松川」

「がんがん鍋」 雪に会いに行くってのもなかなか乙なもんだなと思いました。

摩周湖 「くりーむ童話 摩周温泉 道の駅店」

「桜餅のジェラート」 ホテルの従業員まで外国人だらけでびびりました。

摩周湖 「弟子屈ラーメン 弟子屈総本店」

「魚介しぼり醤油」 楽器の数は多いけど音量は小さいラーメンだなと思いました。

摩周湖 「道の駅 摩周温泉」

「エゾシカバーガー」 もはや熱湯コマーシャルの気分で入る、湖のほとりの野湯でした。

川湯温泉 「いなか家 源平 」

「げんコロと摩周ハイボール」 北海道にて水曜どうでしょうの新作を見るというこれほどの贅沢はないなと思いました。

網走 「月」

「寿司あれこれ」 っちゃ美味い。回転していたのはレーンではなく、寿司職人たちのエネルギーでした。

網走 「停車場」

「アーモンドラテ」 網走監獄の囚人達はアイヌ民族ぐらいたくましいと思いました。