マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

フィリピン

Paoay “SPAM”

「ティラミス」 経験そのものを作品にしたいなと思いました。

Vigan 「名前もよくわからないレストラン」

「サンミゲル」 幸せな人生があるかどうかはわかりませんが、幸せな瞬間はあるなと思いました。

Vigan “Chowking”

「Lariat」 乾季に来ても雨期でした。

Vigan “屋台”

「ホルモンっぽい串焼き」 生きることの究極のまとめサイトこそが神なのだなと思いました。

Vigan 「クリソロゴ通りの移動ジェラート屋さん」

「マンゴーのジェラート」 美味しいものを食べてる時だけは争いは起きないなあと思いました。

Vigan “SIXBROS”

「ローカル食堂料理」 「肉料理食っとけばなんとかなるだろう」が、なんとかならないのがフィリピンです。

Vigan “Bar Tech”

「ボロネーゼ」 日本人には、マナーはあってもポリシーはないのかなと感じました。

Baguio 「バスターミナル内の食堂」

「SIUMAI」 ラインはコミュニケーションではなくて暇つぶしなんだなと感じました。

Baguio “Baguio Brewery”

「いちごのビール」 デジカメを失くしたので何杯飲んでも酔えませんでした。

Baguio “Pizza Hut”

「オーソドックスなピザ」 Tシャツ短パンでクリスマスソングが流れてもなかなか入っていけませんでした。

Baguio “Ili Likha”

「ターメリックミルクティー」 貯金という宗教に勝るものが無いのが日本なのかなと思いました。

Sapuan 「途中で寄ったパーキングエリアのレストラン」

「フライドエッグライス」 貧しさというエネルギーを見た気がしました。

Sagada 「名前を忘れたレストラン」

「Pancit Bihon」 日本にフィリピン料理屋が無いのがよくわかりました。

Sagada “Yoghurt House②”

「ハニーヨーグルト」 旅とは外国人の日常にお邪魔することなのかなと思いました。

sagada “Yoghurt House ①”

「スパイシーチキン」 食べてたら犬が交尾し始めたので何とも言えませんでした。

Sagada 「謎の店」

「アメリカンブレックファスト」 奇麗な川でも汚い川でもちゃんと魚は泳いでるんだなと思いました。

Banaue “rice homestay”

「レッドホースのビール」 日本人の基準よりも、人間としての基準をとても考えさせられました。

Banaue “people lodge & restaurant”

「ドライカレー」 料理よりも景色の方が美味しいってのが不思議です。

Batad `Batad “Batad Transient House”

「Pancit Bihun」 バイクタクシーに乗ったら思いっきりこけたのでチップはあげませんでした。

Banaue 「謎のパン屋」

「一個約10円のパン」 街中犬だらけですが、なぜか噛まれないのが不思議でした。

Banaue 「謎の揚げ物屋さん」

「何かの肉が入った揚げ物」 棚田が美しい国ですが、決してお米が美味しいわけではないと思いました。

Manila “Mang Inasal”

「ポークのシシグ」 ファーストフードですら美味しくない国、それがフィリピンです。