マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

新疆ウイグル自治区

喀什 「金殿美食茶坊」

「牛肉麺」 旅という生活もあるのだなと思いました。

喀什 「百年老茶館」

「甘いお茶」 なんでも調べられるようになりましたが、何が正しいかまではわからないんだなと思いました。

喀什 「露店の串焼き屋さん」

「牛肉の串焼き」 貧しいからこそ宗教の世界で生きているプライドがあるのかなと思いました。

喀什 「街中の売店」

「嬉しい誤算のつぶつぶミックスジュース」 ニーハオトイレは、日本人は西川のりおぐらいしかトライ出来ないのではないかと思いました。

喀什 「再吃一次兄弟快餐」

「ポロとワイルドな羊のスープ」 街中カメラだらけなので、管理社会というよりは監視社会だと思いました。

喀什 「市場の屋台」

「糸コンが入った揚げ物」 部屋の中でもツバを捨てるのほんますごいと思いました。

喀什 「Mac Bell」

「ソフトクリーム」 警官だらけでしたが、もはやインフレ状態だったのであまり機能してなかったのかもしれません。

喀什 「旧市街の屋台」

「中になんも入ってなかった肉まんもどき」 集団的な意識が芽生えないと政治は全くの無力だなと感じました。

喀什 「旧市街の屋台①」

「汁そば」 ウイグル人は日本で言うと、いまだにアイヌ民族が生きているような感じなのかなと思いました。

喀什 「フードコートの中華料理屋さん」

「焼き飯」 ウイグル自治区なのに漢民族の方が多いのが悲しいです。

喀什 「旧市街のお店①」

「ラグメン」 自分探しならぬ普通探しの旅でした。

庫車 「駅の待合室の売店②」

「ウイグルのビール」 シルクロード盗電の旅でした。

庫車 「駅の待合室の売店①」

「ミネラルウォーター」 道中ずっと下痢気味でしたが、それでも私は決してウイグルを恨みません。

庫車 「納再巴格餐庁」

「刻んだ麺料理」 何も信じられなくなったニヒリストが求めるものこそ神なのだなと今気づきました。

庫車 「駅の売店」

「パンケーキ菓子」 見てきた景色をまるで自分の人生であるかのように表現できるのがインスタなのだなと思いました。