マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

アイスランド

Reykjavík 「prikid」

火山風呂 円高 まとめ買い 如才ない 「ビーフバーガー」 海外旅行はまるで自分の人生じゃない様な気がしてきます。

Kirkjubæjarklaustur 「systrakaffi」

横顔の色気がたまらないセリャランスフォスの滝 建もの探訪 教会協会 夫婦 「北極イワナのステーキ」 体脂肪率3パーセントの引き締まったイワナのボディに感服。

Höfn 「Jökulsárlón」

サンデーモーニング 核家族 取り付け騒ぎ 最短 「ホットチョコレートとドーナツ」 美味い。糖尿病覚悟で登りきったシュガーマウンテン。

Höfn 「Humarhöfnin」

fjadrargljufur スヴァルティフォス 黒砂の浜 魔界村 「手長エビのグリル」 美味い。イングヴェイ・マルムスティーン並みの手先の器用さが要求される一品。

Egilsstaðir 「Café Nielsen」

スタンド能力 氷河 アイスなランド 空が飛べれば 「ラムのフィレ肉のグリル・マッシュルームソースがけ」 美味い。若者の芽を摘むよりは、焼いて食ってしまったほうが美味い。

Egilsstaðir 「N1①」

ポップな養殖 トナカイでした 白夜 ヨンシーの実家(嘘) 「ブルーベリーとクリームチーズのケーキ」 美味い。 たとえサービスエリアであっても、硬球と木製バットで試合をしようとする意気込みが素晴らしい。

Egilsstaðir 「N1②」

かしゆか かしゆか祭 読めない 港 「軽食セット」 ケチャップとマスタードの他に、ホットドッグソースというのがたまらない。

Akureyri 「Brynja」

ウィンドウショッピング 移民 ターニングポイント 危険思想 「バニラアイスクリーム」 美味い。弾力よりもみずみずしさを重視した、ペンギン村で食ってるかのような気分のファンタジーな一品。

Akureyri 「Eymundsson」

ゴーザフォスの滝 ナメック星 地熱地帯 デティフォスの滝 「パウンドケーキ」 アイスランドは国の内側を知らなくても、外側だけで圧倒される。

Akureyri 「Bautinn」

到着 出発 関羽と張飛 am 「クジラのステーキ」 美味い。クジラは哺乳類だ。食べればわかる。

Hvammstangi 「gauksmýri」

シガーロスのスタジオらしい 脱走 ヴァイキングの実家 アメリカ大陸を初めに発見したのは、実はアイスランド人らしい 「チキンサラダ」 オリジナルカレーソースをかけて食べた、家畜になった気分で味わうビッグなサラダ記念日。

Reykjavík 「Fish Company」

停留所 チョルトニン湖 反省の色 パターン 「オオカミウオの料理」 美味い。一つの皿の中で喜怒哀楽・春夏秋冬を表現したかのような一品。

Reykjavík 「Bæjarins Beztu Pylsur」

レイキャビクの町並み レイキャビクで一番古いカフェ 戦隊もの 美術館 「ホットドッグ」 っちゃくちゃ美味い。ホットドッグ一つでもクレジットカードで買えるキャッシュレス社会が生み出した奇跡の一品。

Reykjavík 「Noodle Station」

ともだちの家 あっちのスーパー ビョークやシガーロスのステージ衣装を作ってるデザイナーさんがやってる店 携帯屋さん 「noodle soup with chicken」 野球をスイカ割りと思ってるかのような、勘違いっぷりが見事な一品。

Reykjavík 「lækjarbrekka」

ビョークが船を浮かべてライブした所 無料相談所 ニットなウッド よく遊び、よく遊ぶ 「パフィンのステーキ」 誰も聴かないヒットチャートが鳴り響く店内で、24時間280円で牛丼が食える世界と対極な一品。

selfoss 「geysir shop」

シンクヴェトリル国立公園 グトルフォスの滝 間欠泉 熱湯コマーシャル 「ハンバーガーセット」 アイスランドにはマクドナルドがない。