マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

京都 「キッチンゴン 六角本店」

「ピネライス大盛り」 健康診断の前日に食べたらすべてを水の泡にする500グラムの殺人洋食です。

Belle and Sebastian -The boy with the arab strap-

ポップミュージックのぜい肉をそぎ落とし、薄味な部分を凝縮させたような素晴らしきバンドです。

大阪 「まるせ」

「夜カレー定食」 西洋医学よりも東洋医学の方が素晴らしい事を舌で感じる一品でした。

京都 「麺屋坂本」

「特製しじみそば」 しじみちゃんもまさか進化して地上に上がる前に鶏に出会えるとは思ってなかったと思います。

京都 「飛雲白川」

「海老玉」 顔つきは古いし化粧もしないけど、顔そのものが美人な中華なんだなと思いました。

京都 「アジェ」

「ホソとハラミエンガワ」 スマホと向き合うよりも、肉と向き合う方が大切な事に今やっと気づきました。

京都 「天龍」

「天龍ラーメン」 米津玄師よりも玉置浩二の方が声が太い事がわかるような昭和の底力を感じる一杯です。

禁断の多数決 - フラッシング・ライト (ノイバウテンタイム)

プライマルスクリームの心が血沸き肉躍るオルタナティブなアイドル感が最高です。

千歳空港 「札幌飛燕」

「塩ラーメン」 安藤忠雄が建てたマッスルタワーは空を掴むようにそびえ立っていました。

帯広 「じんぎすかん北海道」

「マトンのジンギスカン」 っちゃ美味い。地球よりも重いのは、人間の命ではなく羊の命でした。

釧路 「鮭番屋」

「鮭の親子丼」 っちゃ美味い。絶対もめそうにない親子関係の絆を舌で感じました。

釧路 「ちゃりんこ②」

「おひょうの刺身」 鉄道マニアたちがカメラのシャッター音だけで話し合う無音の会話にしびれました。

釧路 「ちゃりんこ①」

「くじらの刺身」 氷の街に繰り出すというのもこれまた乙なものだなと思いました。

釧路 「鳥松」

「ザンギ」 説明ばっかり増えて会話が減ったなぁと思いました。

根室 「大八食堂」

「かにラーメン」 スープのテクニックは度外視して、花咲ガニの腕力だけで押し切る力業の一杯です。

羅臼 「旬菜家 ゆらり ④」

「海鮮おこげ」 本気の北海道を見てきた気がしました。

羅臼 「旬菜家 ゆらり ③」

「つぶ貝の煮たやつ」 もはや海外旅行にいってきたような気分になりました。

羅臼 「旬菜家 ゆらり ②」

「黒ハモのから揚げ」 冷たすぎる景色は心が火傷するなと思いました。

羅臼 「旬菜家 ゆらり ①」

「鱈のチャンジャ」 ツアーは動物園に行くような感じで、一人旅は動物園の檻の中に入るような感じだなと思いました。

富良野 「くまげら」

「オムホエーカレー」 スープカレー的な野菜のキャラクターは残しつつ、欧風カレーに苦味とほろみを足し合わせた北の国ならではのカレーだと思いました。

網走 「Rimo」

「ミルクのジェラート」 北海道って北極なんだなと思いました。

網走 「そば切り温②」

「ごぼうと牡蠣のてんぷら」 出たり消えたりする流氷のツンデレっぷりに振り回されっぱなしでした。

網走 「そば切り温①」

「かしわつけもりそば」 温泉こそほんまもんのパワースポットちゃうかなと思いました。

上富良野 「凌雲閣」

「北海道で売ってるビール三部作」 ファイナルファンタジーのラスボスみたいな風呂でびっくりしました。

赤平 「寿司の松川」

「がんがん鍋」 雪に会いに行くってのもなかなか乙なもんだなと思いました。

Fountains of Wayne - Mexican Wine

パワーポップのお墓から聴こえてきたのは、うめき声ではなく交じりっ気なしのポップネスな歌声でした。

京都 「キッチンパパ」

「ハンバーグ&ミスジステーキ」 もはや北島三郎のようないぶし銀のオールド洋食だなと感じました。

京都 「ダイスケ」

「焼き肉あれこれ」 ぶっ殺された牛ちゃんたちの姿を想像させないぐらいのエレガントさが凄まじかったです。

京都 「ネガポジ」

「ブラック麻婆丼」 何曜日に来てもブラックフライデー気分のバブリーな居酒屋ライブハウスです。

京都 「西海」

「肉丼」 東南アジア顔負けの、伏見の活気と狂気を舌と身体で感じる大衆中華です。