マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

ギリシャ

Athína ‘Floyo’

「フローズンヨーグルト」 自分の年齢を忘れている時が一番幸せです。

Athína ‘Palio Tetradio’

「イカのグリル」 イカ焼きはおめかしするより、ジャージ姿の方が似合うなぁと思いました。

Athína ‘Everest’

「チーズとベーコンのパン」 自分の日常は飽きても、他人の日常は神秘でした。

Kalambaka ‘Restaurant Meteora’

「野菜のライス詰め」 野菜のうまみを引き出しているが、いかんせん油が重いのでヘルシーかなんかわからん一品。

Kalambaka ‘Babitsas bakery’

「甘いのあれこれ」 何かあることに疲れたので、何もない場所に憧れました。

Kalambaka ‘Panellinion’

「チキンのレモンソース」 「フルーツのサービス」 なぜ人が旅をしたり芸術家を目指したり起業したりするのかわかった気がしました。

Kalambaka ‘Archontariki’

「パスタとミートソースとチーズの重ね焼き」 旅行中は他の客が食ってるものの方がいつも美味しそうに見えてしまいます。

skiathos ‘Ellados Geuseis’

「豚肉のトマトソース煮」 っちゃ美味い。追い打ちをかけるように、サフランライスにおとぎ話のような世界観を感じました。

skopelos ‘Aramis Cafe’

「ギリシャ風ヨーグルト」 木綿豆腐のように弾力があって、プラムを乗っけて食べます。

skiathos ‘Tsak Bam’

「チキンとマカロニサラダのクレープ」 ギリシャでは、料理の量と味の濃さが合ってないと思う事が多かったです。

Athína ‘Byzantino’

「タコのグリル」 完全なる観光客向けのグリルっぷりに一泡吹かせられました。

Spártā ‘Taverna Elysse’

「ミートボールのトマト煮とレモネード」 日本人なら三手間かけるところを、一手間しかかけてないかのようなストレートさを感じました。

Spártā ‘バスターミナルの売店’

「売店のサンドウィッチ」 ヨーロッパはパンは美味しいけど、サンドウィッチはイマイチな場合が多いと思いました。

Mykonos ‘sunset coctail bar’

「カタイフィ」 っちゃくちゃ甘い。食ってる最中に虫歯になるんちゃうかと思いました。

Mykonos ‘Katerinas Bar Restaurant’

「エビのパスタ」 っちゃくちゃ美味い。エビちゃんは実はいい奴って事にやっと気付きました。

Mykonos ‘パラダイスビーチのフードコート’

「ほうれん草のパイ」 ここに来てる人達は、遊びという武器で闘ってるように見えました。

Mykonos ‘KASTRO's’

「梨の赤ワイン漬けとウォルナッツのパスタ」 っちゃ美味い。知らずに入ったらゲイのお店でした。

Hellenic Seaways ‘Everest’

「チョコレートパイ」 っちゃ美味い。大人びいたカカオ使いがたまりませんでした。

Chaniá ‘Apovrado ’

「ムール貝のピラフ」 「食後の無料のケーキ」 なかなかどの店にも置いてなかったので、メニューにないのに無茶ぶりして作ってもらいました。

agia roumeli ‘Rousios’

「アップルパイ」 暴力的な砂糖の甘さにぶっ殺されそうになりました。

agia roumeli ‘サマリア渓谷の出口あたりの休憩所’

「搾りたてのフレッシュなオレンジジュース」 っちゃ美味い。あえてオレンジを冷やしてないところにフレッシュさを感じました。

Chaniá ‘3 Kings’

「90セントのホットドッグ」 旅行の時だけは朝が楽しいです。

Chaniá ‘Amphora’

「ムサカ」 「食後のアイス」 ギリシャはたまに食後にデザートときついお酒が無料で付いてくる太っ腹な国でした。

Chaniá ‘Delizia Gelato Italiano’

「栗のジェラート」 っちゃくちゃ美味い。味覚以外の感覚も呼び覚ますぐらい震えました。

Chaniá ‘suntribani cafe restaurant’

「ギロスプレート」 なぜ日本人の体が小さいのか胃袋で理解しました。