マコノヒーの所感

モノクローム・チョコレートというバンドをしています。

グルメ

京都 「隙間カレー」

「ダルカレーセット」 精神と時の部屋があるように、精神とスパイスの隙間があるものです。

京都 「六傳屋 先斗町店」

「白味噌担々麺とどて焼き」 片手でそこら辺のラーメン屋をなぎ倒せる圧倒的な実力に今宵も先斗町は震えていました。

大阪 「つね川」

「ランチの麻婆豆腐セット」 中〇人とは政治よりも麻婆豆腐で仲直りするのが平和の近道だなと思いました。

兵庫 「三木サービスエリア」

「タンドリーチキンとバターチキンカレー」 大人のモノマネがめっちゃ上手い子供みたいなカレーで最高でした。

兵庫 「ちぇりー亭 宝塚店」

「旨辛味噌らあめん」 TOKIOは無理だけど国分はいけるみたいな女性にわかってもらえそうな一杯です。

大阪 「アアベルカレーとwaccaのコラボ」

「海鮮ビリヤニセット」 そろそろカレー献金もらってるんちゃうかなと心配になるカレーの神様の所業です。

大阪 「シャンカラ堂と黄金の風のコラボ」

「秋風の吹き寄せミールス」 カレーの神様の力により、秋風は知らぬうちに神風へと変わっていくのでした。

大阪 「スープ料理タマキハルとスパイスカレーキテレツのコラボ」

ついにカレーの神様が海原雄山になったスパイス美食倶楽部でした。

京都 「嘉晴」

「とんこつらぁ麺」 キリストの涙よりも豚骨スープの方が美しい事を全てのラーメン好きは知っています。

京都 「アバンギルド」

「ビーフストロガノフ」 知ったかぶりして美術館に行くよりも、身体で芸術の事がわかる気がするとても素晴らしい空間です。

京都 「アジパイkyoto」

「あいがけカレー」 中国人が作ったラーメンよりも日本人が作ったラーメンの方が美味しいと聞きますが、もはやインド人が作ったカレーよりも日本人が作ったカレーの方が美味しいんだろなと確信するランチです。

京都 「燕燕」

「ランチあれこれ」 数値化されたものを見るのが怖いので、旨味が凝縮されたものだけを信じるようにしています。

京都 「京珉」

「ポパイ定食」 もし地球が滅亡して宇宙が生まれ変わっても、きっとまた同じ場所で同じ店を営んでいそうな自然体がたまりませんでした。

京都 「京都ラーメン研究所」

「和風豚骨ラーメン」 竹中平蔵に殺されるぐらいならラーメンに殺される人生を選びたいなと思いました。

大阪 「yellow choice」

「イカとアサリのブロッコリークリームとイエチョキーマのあいがけ」 どこから手を付けたらいいかわからない仕事をするよりも、どこから食べたらいいかわからないカレーを食べる方がADHDは治ります。

京都 「キャプテン」

「猪のチャーシューのラーメンと鹿肉の餃子」 ジビエ推しのラーメン屋なことをすっかり忘れてしまうぐらいヨーロピアン風のラー油に圧倒される不思議なお店です。

大阪 「ワルン」

「あいがけカレー」 イケメンにこんなおしゃれなカレーを作られるのは、凡人からしたらとても心臓に悪い事なのです。

大阪 「味力亭 鶴橋店」

「餃子あれこれ」 カレーの神様は日本人のエンゲル係数を上げたグルメのA級戦犯でもあります。

大阪 「たけ井 阪急梅田店」

「つけ麺」 っちゃ美味いけど一年で必要な塩分がたった一食で摂れるヤバいお店です。

京都 「謹製咖喱酒舗 アムリタ」

「カレー三種盛り」 酒は百薬の長と言いますが、スパイスは百薬の長の方が正しいなと思いました。

京都 「ラーメンの坊歩」

「鶏豚骨ラーメン」 ほのかにバターの香りがするぐらいまで煮込まれたスープにはヨーロッパに通じる気品すら感じます。

京都 「SUBMARINE」

「スペイン風オムレツ」 京都の優れたミュージシャン達が観光客に見つかるのも時間の問題です。

兵庫 「ヨナナ」

「チキンペッパーカレーとマラバールエビカレーのミールスセット」 ドラッグストアよりもこのお店の方が身体にいい事だけははっきりとわかりました。

滋賀 「中華麺飯 點心」

「黒ゴマ担々麺とサービスの炒飯」 胡麻の多重人格性を見事に引きずり出した奥行き深きランチです。

京都 「山下醤造」

「家系ラーメン」 にんにくとほうれん草の首脳会談がここで行われてる事を私は全く知りませんでした。

京都 「アバンギルド」

「キーマカレー」 芸術家が集まる場所とあって、目で食べるアートの領域に踏み出した絶品です。

大阪 「野口太郎ラーメン 心斎橋店」

「太郎ラーメン」 心斎橋の樹海に迷い込みましたが、ラーメンの光に導かれて一命をとりとめました。

京都 「エベレストカフェ」

「モモ」 ガンジス川もすごそうですが、ビリヤニ頼んだのにドライカレーが出てくるお店もなかなかすごいなと思いました。

大阪 「アイリッシュ カレー 中津店」

「アイリッシュポークカレー」 スパイスの牙を抜いた代わりにギネスビールの優しさで包み込むマイルドな一品です。

京都 「らぁ麺 櫻井」

「鶏白湯しょうゆらぁ麺」 真夜中にも関わらず待っててくれるので一番信頼できる恋人だなと思いました。